« 年金・健康保険など。 | Main | ヘルパー2級講座。 »

Apr 15, 2005

温湯消毒と里芋パスター。

先日「塩水選」をした種籾を、きのう温湯消毒した。
60℃のお湯に7分間つけ、すぐに流水等で冷やす。そして、10℃の水を満たした水槽に10日間浸す。これがなんとも不思議なのだが、10℃×10日間=積算100℃というところがミソで、5℃なら20日間、20℃なら5日間という具合に、とにかく積算で100℃になるように水に浸けると、ちょうどうまく発芽につながるという。

そのほか、いつものように収穫と出荷。
らっきょうの除草、トマト、ピーマンの2度目のポット移植など。

筍が初出荷され、お相伴というのか、私も大きいのを1本いただいた。うまく入る大鍋があるかなあ、などと考えながら帰りの電車の乗り換え駅、階段でうっかり足首をひねってしまった。

帰宅し、足をひきずりながら、とにかく鍋を用意し、米糠と鷹の爪を入れて水から煮る。いつのだかわからない湿布を押入から出してきて、くるぶし辺りに巻き付け、とにかく眠った。

明けて今朝、まだ痛い。
用心しながら研修先へ。事情を説明し、今日は十分に働けない旨、了承していただく。朝食後、研修先のおかあさんに、里芋パスターをしてもらう。自然療法に関心のある方はご存じかもしれない。里芋をすりおろし、しょうがのすりおろしとつなぎ用の小麦粉を加えてペースト状にし、ガーゼにくるんで患部に当てる。ラップで漏れを予防して、靴下を二重にはき、本日の作業開始。

|

« 年金・健康保険など。 | Main | ヘルパー2級講座。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/3718558

Listed below are links to weblogs that reference 温湯消毒と里芋パスター。:

« 年金・健康保険など。 | Main | ヘルパー2級講座。 »