« 就農準備、本格始動。(4) | Main | 8月、お盆すぎの1週間。 »

Aug 12, 2005

就農準備、本格始動。(5)

就農準備の帰省、最終日。
午前は、JAの直売所を中心に露地野菜で経営が成り立っているというモデルとして名が上がっていたSさんを尋ねる。これも県農政課と市農水課のご手配によるもの。

挨拶の開口一番、「38歳? うちの娘と一緒くらいか」。
名前をうかがうと、高校の同級生。向こうはきっと忘れているに違いないが、またも同級生つながりができた。

このSさんの話を聞いて合点がいった。
今回の帰省でずっとわだかまっていた、というか、腑に落ちないことあり。それは、露地野菜中心にやっているという農家がいるのに、市内を歩き回ると、畑が少ないことだ。

要するに、この辺りは夏の産地ではないのだ。
全国の消費地に対する産地として、この辺りは高校の同級生Y氏のいうように「冬が得意な土地」なのである。研修先のように一年中その一家の食卓を預かるという視点に立てば、夏が得意とか冬が得意とかいうような観点はそもそもないと思われるが……。

午後、市内の2件取材。
養鶏業を営むS氏に鶏糞堆肥の件、それとトマトで有名なH氏との面会。いずれも市農水課Tさんのフットワーク軽い提案から実現したもの。就農の手続きには直接関わらないが、こういう出会いはこのうえなくうれしい。市のTさんは、僕のプロフィルと就農計画の資料をさっと読んで、それなら……とすぐにひらめいたに違いない。僕はこういう感性をとてもありがたく思うし、これからも大切にしたい。

いったん帰宅し、夕食はカレーライス。
約10分歩き、19時半頃の夜間高速バスに乗る。車中、缶ビールでひとり乾杯。現実的な成果はなかった、のかもしれないが、そんな現実の中に身を置くことができた今回の帰省。多くの出会いがあった。

お盆の帰省ラッシュと逆方向にバスは走る。
土日を自宅で過ごし、月曜からは再び研修の畑に立つ予定。

|

« 就農準備、本格始動。(4) | Main | 8月、お盆すぎの1週間。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/5487396

Listed below are links to weblogs that reference 就農準備、本格始動。(5):

« 就農準備、本格始動。(4) | Main | 8月、お盆すぎの1週間。 »