« August 2005 | Main | October 2005 »

Sep 30, 2005

研修半年の日、稲刈り開始。

9月下旬の1週間の記録。

火曜日は直接配達の日。
当日の出荷品目に加え、冬瓜を一気に収穫する。約10株から計40~50個の収穫あり。8月末に播かれた大根(YR愛宕と夏富士)は前日のうちに1本仕立てにされ、最後の間引き菜が出荷された(たとえば400gで160円)。夕刻、胡瓜のネットと支柱の撤収。

木曜の朝、この秋初めて、ウインドブレーカーを着て家を出る。
上記の大根と同時に播いた小松菜が本日、初出荷。毎年自家採取されている在来のタイプの小松菜で、葉が丸い無袴型、茎が折れやすいが味はよいとのこと。

午後から、今年初めての稲刈り。
近所の2反8畝のアキニシキの稲刈り請負で、乾燥までを研修先で担当。師匠のお父さんが駆るコンバインの周辺で、四隅の手刈りや籾袋の運び出しなどを手伝う。並行して、ほうれん草2種(まほろば、くろしお)の播種。1反弱?の畑に各2条×45作を「みのる式」で播き、馬糞堆肥とボカシを混ぜたものを振りまき施肥。日没前後に30袋の籾を乾燥機に投入。水分量14.5%にセットして夜通し灯油を燃やす。

金曜日は研修先でも稲刈り開始。
この日はまず2つの田んぼの四隅だけを手刈り。除草剤を使っていると思われる昨日の請負の田とは異なり、こちらは草が多い。「コナギ畑」に稲をポツリポツリと植えたような部分もある一方で、合鴨がしっかり踏んでくれたところは草がほとんどない。

明日から10月。
4月1日から始まった研修が今日でちょうど半年を終えた。師匠は風邪が重症気味だが、明日からの連日の稲刈りで休んでもいられない。せめて負担の増える住み込み兄弟子研修生Sさんを少しでもサポートできるよう心がけたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 24, 2005

秋冬もの播種はまだ続く。

9月中旬、就農準備でまた1週間帰省した。
これについては別記するとして、その後研修先に戻ってからの1週間。

月曜日、野菜セットに秋の顔が加わった。
7月中旬に播いた人参と8月末に播いた大根の、それぞれ間引き菜、それに掘り上げたばかりの新生姜。午後からは人参の畝間を管理機で中耕したのち、わけぎの球根を植え付け。夕刻、定植したばかりのレタスに如雨露で潅水。「みのる式」でターツァイ、京菜の播種。さらに、小松菜の種を草の茂る茄子畑の畝間にばら播き、ハンマーナイフで草を刈り砕くという「自然農」スタイル?の播種も試みる。

火曜日。昼頃から雨が本降り。
午後からは海まわりの配達コースに初めて同行。旧市街とも言える路地また路地の住宅街の落ち着いた佇まいに、あらためて「都市近郊農業」の市場の特色を実感する。

木曜日。霧雨が降ったりやんだりの一日。
8月末から出荷が始まっていた地這い胡瓜が収穫終了となり、ベッド代わりの寒冷紗と支柱、黒マルチを撤収。今日の秋冬ものの直播は、チンゲン菜、小カブ、雪白体菜。

金曜日より、急遽、今月二度目の帰省。
今回は初めて家族も同行。まず小1の長女と3歳の長男と僕が新幹線で帰り、仕事の都合で妻は飛行機で後日合流するかたち。詳細はこれも別記する予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2005

研修6か月目、秋の気配。

月曜、台風14号が西日本に近づく。
曇り空の下、セット野菜の収穫と出荷準備。今日はかぼちゃも入る。昼食は今年初の秋刀魚。午後、本降りとなり、屋内で大豆の選別。この日のような雨天時に少しずつ作業してきたが、今日で今年度の大豆がすべて終了。夕食時にビールでささやかな乾杯。雨の日のビールもいい。

火曜日。台風が九州に接近中。
セット出荷の準備と、別の消費グループに出す長葱40kgの収穫と調製。廃品の木製パレット搬入(再利用)のあと、夕刻、にんにく植付け準備で、約10kgを細かくばらす。夕食は研修生2人組で担当し、焼き茄子のピーマン玉葱あんかけ、地這い胡瓜のたたき醤油味、豚葱スープ、モロヘイヤのカツオ出汁風味など。台風は昼頃に九州に上陸し、日本海へ。

木曜日。台風一過の晴天、高温。
収穫,荷造りのあと、夫婦2人組の援農隊の到着を待ち、畑に残るかぼちゃと冬瓜を一気に収穫。次いで、里芋の除草。午後は二手に分かれてあちこちの除草。僕は刈払い機で盛土の畑の法面や田んぼの用水まわりを担当。イメージどおりに刈れないまま日没終了。援農ご夫妻は自然農に関心があり、川口由一氏の田畑の見学もしてきたとのこと。自給生活への夢を語る姿に、自分も大いに勇気づけられる。

金曜日。湿度の高い一日。
収穫,出荷準備の後、秋ジャガの植付け。出島は購入の種芋、アンデスとキタアカリは春に収穫したもので、あわせて20kg弱。夕刻、人参畑の道路際に生えたセイタカアワダチソウを一気に伐採。空き缶、空き瓶、サンダルにビデオテープと投げ捨てごみ多数出てくる。夕食の焼き餅入り玄米雑炊がこのうえなく美味。あつあつがうれしい季節になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 04, 2005

9月の風、夏の終わり。

8月29日~9月2日の一週間。

研修が休みの土日の間に、秋冬野菜の準備が進む。
小松菜、人参、大根、白菜、レタスの種が播かれ、先に播種済みのブロッコリィの定植、レタスの移植も終わったことを、食堂備え付けの「研修ノート」で確認。

今週から、新たな研修生が1名加わる。
県の機関で農業を学ぶ学生さんで、40日間の通い研修。年齢的には僕の半分だが、栽培の知識などあれこれ教えていただく立場となる。よりよい学び合いができるよう務めたい。

月曜日、出荷は約10軒。
出荷品目は今週も大きな変化なく、夏野菜中心。地這い胡瓜は、ネットに這わせる胡瓜よりも大きめ、太さ3~4㎝、長さ30㎝程度のものを収穫。午後は堆肥の切り返し。植木の剪定屑を主な材料とした植物性の堆肥の山の上での作業。地下足袋から伝わる熱と立ちこめる蒸気が、体じゅうの汗を掃き出させる。

火曜日。20軒強の出荷。
午前中に収穫と出荷準備を済ませて、昼食の準備。研修生が調理に立つことはめったにないが、今日明日と師匠のAさんが外出されていることもあっての、特別プログラム。メニューは、一口に切った焼き茄子に緑と赤の伏見甘唐辛子を刻んでごま油、醤油で調味したサラダ、ゆでジャガイモの粗いマッシュ、ゴーヤ炒め。

午後は畑での作業。
葱の除草のあと、「みのる式」を転がして春菊の播種。日没ぎりぎりで人参の除草も終了。

木曜日。出荷は7軒。
収穫、出荷準備のあと、葱の除草。ついでに自家用の西瓜を約10個収穫。午後はジャガイモ畑の跡に豚糞堆肥を播き、トラクタで耕耘。久しぶりの運転だが、往復を繰り返すうちに、Uターンのコツがようやく少しつかめた気がする。枕地の整地は師匠の監督なしで任されたので、あれこれのギアを試しながら、トラクタの動きを体感する時間とする。やはりトラクタは必需か。日没終了。

金曜日。約20軒分の出荷。
午後一番で茄子の剪定。成り疲れが深刻にならない前の大幅な切り戻しで、秋の実りを期待。この間、他の作からの収穫となる。別の畑の茄子のうち、1作がネコブセンチュウの被害。放置すると他の作にも広がる恐れがあるということで、1作全体、約60株を引き抜き、処分する。

研修も6か月目。
そろそろ折り返し点、あらためて気を引き締めて臨みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »