« 秋冬もの播種はまだ続く。 | Main | 秋雨続き、稲刈り進まず。 »

Sep 30, 2005

研修半年の日、稲刈り開始。

9月下旬の1週間の記録。

火曜日は直接配達の日。
当日の出荷品目に加え、冬瓜を一気に収穫する。約10株から計40~50個の収穫あり。8月末に播かれた大根(YR愛宕と夏富士)は前日のうちに1本仕立てにされ、最後の間引き菜が出荷された(たとえば400gで160円)。夕刻、胡瓜のネットと支柱の撤収。

木曜の朝、この秋初めて、ウインドブレーカーを着て家を出る。
上記の大根と同時に播いた小松菜が本日、初出荷。毎年自家採取されている在来のタイプの小松菜で、葉が丸い無袴型、茎が折れやすいが味はよいとのこと。

午後から、今年初めての稲刈り。
近所の2反8畝のアキニシキの稲刈り請負で、乾燥までを研修先で担当。師匠のお父さんが駆るコンバインの周辺で、四隅の手刈りや籾袋の運び出しなどを手伝う。並行して、ほうれん草2種(まほろば、くろしお)の播種。1反弱?の畑に各2条×45作を「みのる式」で播き、馬糞堆肥とボカシを混ぜたものを振りまき施肥。日没前後に30袋の籾を乾燥機に投入。水分量14.5%にセットして夜通し灯油を燃やす。

金曜日は研修先でも稲刈り開始。
この日はまず2つの田んぼの四隅だけを手刈り。除草剤を使っていると思われる昨日の請負の田とは異なり、こちらは草が多い。「コナギ畑」に稲をポツリポツリと植えたような部分もある一方で、合鴨がしっかり踏んでくれたところは草がほとんどない。

明日から10月。
4月1日から始まった研修が今日でちょうど半年を終えた。師匠は風邪が重症気味だが、明日からの連日の稲刈りで休んでもいられない。せめて負担の増える住み込み兄弟子研修生Sさんを少しでもサポートできるよう心がけたい。

|

« 秋冬もの播種はまだ続く。 | Main | 秋雨続き、稲刈り進まず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/6197417

Listed below are links to weblogs that reference 研修半年の日、稲刈り開始。:

« 秋冬もの播種はまだ続く。 | Main | 秋雨続き、稲刈り進まず。 »