« 晩秋の1週間。 | Main | 合鴨を解体、精肉する。 »

Nov 28, 2005

晴天の日曜、秋の収穫祭。

年に一度の収穫祭が行われた。
厳密に言うと、農場の収穫祭、ではなく、主な出荷先(提携先)である消費者グループ主催の行事で、農場とグループとで一般のお客さんやご近所の方々をおもてなしする、という行事のようだ。

僕の役割は「焼き芋」。
日頃から援農その他で深いおつき合いのある大学生サークルのみんなが売り子をやってくれるので、僕はガス式、5ポケット・プラス保温室つきの焼き芋機に張り付く。「100g@70円」の価格設定が指示されていたので、学生たちと知恵を絞り、100円、200円、300円になるように重さを揃えて袋詰めした。

収穫祭は350円の入園料式。
それで赤飯、雑煮、黄粉餅が付き、そのほかに、秋刀魚とイカの炭火焼き、みたらし団子、ケーキ、紅茶などの飲食や、無農薬・無化学肥料の野菜各種、自然食品などが販売されている。アルミ製食器が200円のデポジット式で貸し出される。

BGMは太鼓のグループがゲスト出演。
祭りの会場は堆肥場のある広場で、普段の「有機農場」が「オーガニック・ファーム」みたいな雰囲気になる。羊も触り放題?、豚の鳴き声も聞き放題。杵と臼を使っての餅つきも参加自由。

焼き芋は苦戦した。
午前中はやはり食事中心で売れ行きが鈍く、そのため焼き控えていたのが昼頃から急に売れ始めて品薄となり、かなり売り逃した気がする。

祭りは2時前に無事終了。
片づけ後、学生たちを含む農場側スタッフで夕食&慰労会。晩秋の夕暮れは早く、途中からは焚き火を囲んでの語らいの場となる。

|

« 晩秋の1週間。 | Main | 合鴨を解体、精肉する。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/7506914

Listed below are links to weblogs that reference 晴天の日曜、秋の収穫祭。:

« 晩秋の1週間。 | Main | 合鴨を解体、精肉する。 »