« 農地と借家が決まって | Main | 丙戌の2006年、始まる。 »

Dec 30, 2005

今年最後の研修日。

大晦日前日、今年最後の研修日。
今月下旬から「朝8時に朝食の食卓に集合」となり、今朝も温かい味噌汁とともに研修が始まる。

出荷最終日で、午前中はいつも通りの荷造り。
昨日中に収穫を終え、人参や里芋、葱、蕪などはこさえ終わっているので、葉物の調製や白菜、キャベツの計量などを進める。おなじみの学生K君、T君が手伝いに来てくれ、手のかかるほうれん草も一気に仕上がる。

昼前から餅搗き。
出荷用やおもてなし用にこれまで何度か搗いているが、今日はお正月用ののし餅1枚と、お供え用の丸もち7組。のし餅用は今日は電気餅搗き機で、お供え用は杵と臼で搗く。僕も久しぶりに杵を持ったが、案の定ふらふら。搗き方、のし方、まるめ方など、師匠Aさんやお母さんから指導を受ける。お母さんは技術的なことに織り交ぜて、昔からのしきたりやその実際的な意味などを話してくださり、いつもながら「なるほどー」とうなってしまう。昼食は早速、大根汁の雑煮と黄な粉餅。

午後、元研修生Oさんが子連れで来訪される。
長野県で就農されて3年目とのことで、現在は自営ではなく企業経営の農場に勤めるかたちで、複数の作物の栽培を担当されているという。

夕方、屋根の落ち葉を下ろす。
欅の大木からの大量の恵みは、来春に向けて踏込温床に使われる。

夕食後、研修先のみなさんに挨拶して辞去。
兄弟子住み込み研修生Sさんも、しばしの休暇で実家に戻る(はず)。見慣れない街着で反対ホームの列車に消えていく。

明日は妻の実家に帰省する予定。
大晦日の昼になれば、新幹線も多少は空いてきているだろう。
旧暦では明日が師走のついたち。

|

« 農地と借家が決まって | Main | 丙戌の2006年、始まる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/7909995

Listed below are links to weblogs that reference 今年最後の研修日。:

« 農地と借家が決まって | Main | 丙戌の2006年、始まる。 »