« 今年最後の研修日。 | Main | 研修先も謹賀新年。 »

Jan 04, 2006

丙戌の2006年、始まる。

正月の帰省から戻ってきた。
自分の郷里には、就農準備のために作年中に何度か帰っていたこともあり、この年末年始は大阪の妻の実家で過ごした。

往路は東海道線の各駅停車。
30日に最後の研修から帰宅したあと、部屋の整理や年賀状の書き足しなどして明け方を待ち、最寄り駅まで30分ほど歩いて始発に乗り、あとはそのまま何本かの電車を乗り継いで、午後2時前に大阪着。

4泊5日の間に、多くの人に会う。
妻の家族や親戚、高校時代の友人や妻との共通の友人ら。温かい励ましを頂き、気が引き締まる。

復路の新幹線はデッキに立ったまま。
途中駅で下車する人の座席が空く機会もあったが、座りたい気持ちは皆同じ。競って席を取らなければならないほどの必要性は、いまの自分にはない。

帰宅し、留守中に届いた年賀状をゆっくり読む。
2006年、みなそれぞれに希望を胸に新たな年を歩き始める。

|

« 今年最後の研修日。 | Main | 研修先も謹賀新年。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/7999123

Listed below are links to weblogs that reference 丙戌の2006年、始まる。:

« 今年最後の研修日。 | Main | 研修先も謹賀新年。 »