« January 2006 | Main

Feb 05, 2006

卒業。

今日、研修が終わった。

午前中、研修先の関係する行事に現地集合で参加。
「地元の農業を考える」というテーマで、今年は異常気象を題材に、地球環境と農業の関係を考えるという趣旨。講演を聴き、新たな視点を得る。消費者団体が主催に加わっており、昼はその試食会を兼ねて。

午後、農場に戻って明日分の収穫と調整。
これが正真正銘、最後の作業。人参、キャベツ、ほうれん草、葱などを収穫して、作業場でこさえていく。

夕食を今日も頂いて帰る。
日曜日ということで、学生さんたちが多く農場に来てくださっていたが、ほとんどこの夕食の準備にかかりっきりだったようす。師匠Aさんの奥さん、Yさんがいつもながらの奔走で、見事な宴の席ができあがっている。Aさんのお母さんの知恵と工夫も生きた旬の食材を満喫できる料理の数々。お赤飯、なます、筑前煮、卵焼き、八朔を生かしたポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、お寿司などなど。

学生K君から卒論の冊子を頂く。
この農場の稲作の要諦がここに記されている。僕からは農場と師匠Aさん、K君らに、10ヶ月間の研修の記録をまとめた冊子を贈る。また、兄弟子研修生Sさんとともに大急ぎで作ったプレゼントをAさんに渡す。

これは農場のつながりマップ。
作ったのは日本地図の白地図の拡大版であるが、今後、ここに、元研修生の就農先や学生さんたちの卒業後の居場所などを落とし込んでもらえるといいかな……という趣旨の卒業製作である。

帰り際、思いがけない贈り物を頂く。
農場手採りの種を各種、また、播種や定植に必需の「さくり紐」を師匠Aさんが夜なべで作ってくださったとのこと。これはすぐに作らなければ……と思っていたところだったので、本当にありがたいことです。

僕からは研修中の概要をまとめた冊子を置き土産。
師匠のAさん用、農場用、学生K君、兄弟子Sさん、それに学生サークルFのみなさんにも少し見ていただきたく、何部かを用意した。にわかづくりで恥ずかしいのだが。このブログの内容も、昨日の分まで収録した。

帰りは駅まで送っていただく。
Sさんと握手を交わして別れる。今度会うときはお互い、ばりばりやっているはず。本当にSさんにはお世話になった。この農場研修はSさんがいなければ、それはそれで有意義なものだったことは間違いないが、常に何歩か先を歩くSさんに毎日多くのことを学ぶことができた。

感謝の気持ちはここでは言い表せない。
いつか、何らかのかたちで、表現したい。
このブログもこれで終了。次はまた別のかたちで。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
またお会いしましょう。今後ともよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 04, 2006

立春、農場も新しい季節へ。

久しぶりに土曜の農場に立つ。
僕の研修は月火と木金の平日4日を基本にしてきたが、研修終了にあたって、出荷のない日の畑作業も体験しておきたくて、子ども2人を保育園(兼、卒園児学童保育)に預け、昼前に農場に到着。

午前中はビニルハウスの修繕。
農場に着くと、すでにビニルを固定していたマエカ線が外され、裾のビニルの張り替えが始まっている。これに途中参加し、再び新しい線を張るところまで。今日は新研修生のNさんも一緒に作業。当面は週末だけだが、就農を視野に取り組まれているという。


午後はまず、育苗用の床土を調整。
畑の土にボカシを4:1の割合で混ぜる。そのあと、夏に茄子をやる予定の畑に元肥としてボカシを播く。

午後後半はほうれん草の播種。
みのる式播種機で6条×2畝。そこに堆肥をふりかけてからトンネルを被せる。

並行して、隣の畑の耕耘。
進行の都合上、急遽トラクタに乗ることになり、往復耕を終えて枕地に入るが、この期に及んでまだ手順や操作が心許ない僕に、師匠Aさんが最後の指導をしてくださる。おかげで、播種作業は予定のおそらく半分も進まないうちに日没終了。いつもながら、申し訳ないです……。

日没後、雪が降り始める。
夕食を終えた頃には、すでに1㎝ほどの積雪があり、ますます本降りになっていたが、電車を乗り継いで約1時間半後、家の近くまで戻って来ると、路面に濡れた跡さえない。農場ではまだ降っているのだろうか……。帰宅してラジオをつけると、八丈島で60年ぶりの雪とか。

「暦の上では立春ですが……」。
毎年聞かれる台詞がとくに実感された冷たい一日が終わり、いよいよ明日は研修最終日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2006

節分の日、最後の出荷。

木曜日は個人会員さんの出荷日。
この季節、いつもなら昨日中に収穫を終えているところだが、大雨だったため今日は当日朝の収穫。野菜セットに庭の八朔が入る。

午後からは隣市の商工会館に遠出。
地元の種屋さん主催の栽培講習会、兼、種苗メーカーの説明会に、師匠Aさん、研修生Sさん、それに元研修生で近くで就農されているTさんとK君の計5人で参加する。前半は種苗メーカーの方が人参や大根、トマトなど、これから播く代表的な野菜それぞれのお薦め品種について特徴と栽培の留意点を説明。

後半は種屋さんによる「土壌」の解説。
なかなか理解しにくい難しい話が多いが、人の話というのは本で読むのと違って、「あー、なるほど」ということが多く、勉強になる。

明日分の収穫後、早退させていただく。
出張で上京した友人に会い、沖縄料理店で地魚、本場の郷土料理と泡盛を味わう。2年ほど前、やはり出張で上京の折にも会い、たまたま就農の構想を最初に話した相手。あのときは、僕も彼のようにネクタイ姿だった。

金曜日は、午前中いっぱい出荷準備。
今日の野菜セットは人参、葱、大根、ほうれん草、小松菜、白菜、キャベツ、ブロッコリ、それに自家製の分搗きのし餅。研修生として携わる出荷は、これで終わり。

学生のK君が仕上がったばかりの卒論を持参。
この1年、この農場の有機稲作を綿密に取材調査した労作である。

午後は各種育苗の播種。
空豆は10.5㎝ポットに1粒播き、絹莢いんげんは9㎝ポットに2穴あけ、1+2=計3粒播き。分けつ葱は発泡スチロール製のセルトレイに1穴5~8粒見当で播く。いずれも覆土後、月曜に作ったハウス内の踏込温床に入れる。

昨日に続き、日没後、早退。
今夜は子ども2人の保育園つながりの親子十数人が我が家に集い、少し遅めの新年会。集まったみんなの心づもりとしては、ひと足早く準備のために町を離れる僕の「お別れ会」も少し(家族は年度末までいるから、今回は僕だけにお別れ、だそうだ)。

長女の頃から数えれば6年になるか。
父親だから、妻に比べれば浅いに違いないが、それでも子育てを通じて知り合った友人たちとのつながりは貴重なものだった。毎日の山歩きと海遊び、無農薬野菜中心の給食という貴重な保育の存在、そしてその保育を共有する仲間たちの存在は、「農を選択した僕」の一つのピースを確実に占めている。

今日は節分、恵方は南南東。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2006

息子の3度の誕生会。

定例の研修休みの水曜日。
昨日からの雨が降り続くなか、息子は保育園、娘は学校のあと友だちの家に直行し、久しぶりに日中一人で就農準備のあれこれ事務作業。

夕食は4歳になった長男の誕生を祝う。
といっても、4歳のお祝いはこの日が3回目。本来の誕生日当日は僕が研修で不在のため、前日の日曜日に前倒しで祝ったのだが、その日は僕の胃腸の風邪が完治しておらず、料理が控えめ(和食中心で地味)だった。それで、誕生日当日には予定通り母と子どもたちで質素に第2回を祝ったのち、計画外の3度目が本日実施となった次第。

料理は子ども2人の好物なので統一感なし。
ソーセージ入りポトフ、湯豆腐、トマトソースのスパゲティ、デザートに豆乳ケーキ。

夜になっても、大雨が続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main