« 立春、農場も新しい季節へ。 | Main

Feb 05, 2006

卒業。

今日、研修が終わった。

午前中、研修先の関係する行事に現地集合で参加。
「地元の農業を考える」というテーマで、今年は異常気象を題材に、地球環境と農業の関係を考えるという趣旨。講演を聴き、新たな視点を得る。消費者団体が主催に加わっており、昼はその試食会を兼ねて。

午後、農場に戻って明日分の収穫と調整。
これが正真正銘、最後の作業。人参、キャベツ、ほうれん草、葱などを収穫して、作業場でこさえていく。

夕食を今日も頂いて帰る。
日曜日ということで、学生さんたちが多く農場に来てくださっていたが、ほとんどこの夕食の準備にかかりっきりだったようす。師匠Aさんの奥さん、Yさんがいつもながらの奔走で、見事な宴の席ができあがっている。Aさんのお母さんの知恵と工夫も生きた旬の食材を満喫できる料理の数々。お赤飯、なます、筑前煮、卵焼き、八朔を生かしたポテトサラダ、ほうれん草の胡麻和え、お寿司などなど。

学生K君から卒論の冊子を頂く。
この農場の稲作の要諦がここに記されている。僕からは農場と師匠Aさん、K君らに、10ヶ月間の研修の記録をまとめた冊子を贈る。また、兄弟子研修生Sさんとともに大急ぎで作ったプレゼントをAさんに渡す。

これは農場のつながりマップ。
作ったのは日本地図の白地図の拡大版であるが、今後、ここに、元研修生の就農先や学生さんたちの卒業後の居場所などを落とし込んでもらえるといいかな……という趣旨の卒業製作である。

帰り際、思いがけない贈り物を頂く。
農場手採りの種を各種、また、播種や定植に必需の「さくり紐」を師匠Aさんが夜なべで作ってくださったとのこと。これはすぐに作らなければ……と思っていたところだったので、本当にありがたいことです。

僕からは研修中の概要をまとめた冊子を置き土産。
師匠のAさん用、農場用、学生K君、兄弟子Sさん、それに学生サークルFのみなさんにも少し見ていただきたく、何部かを用意した。にわかづくりで恥ずかしいのだが。このブログの内容も、昨日の分まで収録した。

帰りは駅まで送っていただく。
Sさんと握手を交わして別れる。今度会うときはお互い、ばりばりやっているはず。本当にSさんにはお世話になった。この農場研修はSさんがいなければ、それはそれで有意義なものだったことは間違いないが、常に何歩か先を歩くSさんに毎日多くのことを学ぶことができた。

感謝の気持ちはここでは言い表せない。
いつか、何らかのかたちで、表現したい。
このブログもこれで終了。次はまた別のかたちで。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
またお会いしましょう。今後ともよろしくお願いします。

|

« 立春、農場も新しい季節へ。 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92226/8538187

Listed below are links to weblogs that reference 卒業。:

« 立春、農場も新しい季節へ。 | Main