Jun 20, 2005

特別養護老人ホーム。

ヘルパー2級講座の最後の実習が終わった。
特別養護老人ホームでの2日間。朝10時~夜7時。

主な場面としては、朝のミーティング、おやつの準備・介助・片づけ、入浴後の着衣と整髪、昼食の準備・介助・片づけ、午後のおやつの準備・介助・片づけ、夕食の準備・介助・片づけ。この合間に、排泄の介助やおむつ交換・体位交換。

初日には地域のサークルの訪問があったが、基本的には上記のような日常。
細かいことは守秘義務があるので書けないが、入所者の介護度は平均で3.5で、ほとんどの方が車椅子利用。平均の入所年数は約4年とのこと。いろいろな発見があり、いろいろと考えさせられた2日間だった。

ヘルパーの仕事と百姓の仕事。
これらをどのようにつなぎ合わせていくのか、まだ確固とした考えはないが、大きな示唆を得ることができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2005

訪問介護の同行実習。

昨日に続いてヘルパー2級の実習。
今日は利用者さんのご自宅に出向いてお世話をする訪問介護への同行。

お昼前に訪問先近くのバス停で担当のヘルパーAさんと待ち合わせ。
利用者のBさんは90歳を超えているが、日中はベッドに座ってテレビなど見て過ごし、トイレには自力で歩いて行かれる。

今日の介護は12時から1時半までのプログラム。
僕は主に調理を除く「生活援助」、Aさんは調理と「身体介護」という分担で仕事に入る。Aさんが昼食の準備をしているあいだに、僕は洗濯機をまわし、居間やトイレなどの掃除。脱水が終わると洗濯物を干し、玄関まわりの掃除。

Aさんは食事の介助や身の回りの細かいお世話。
Bさんがトイレに立たれ、Aさんが介助をしている間に、僕は寝室とベッドの掃除。続いて、入れ歯の洗浄と口腔ケア(うがい)の介助。しばらくお話相手をさせていただき、その間にAさんはご家族との連絡ノートや事業所への報告の記録。

諸々の確認などを終え、1時間30分のプログラムが終了、解散。
「この資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか?」とAさんに尋ねられ、「ヘルパーを専業にする予定はありませんが、これから何十年か生きていくにあたって、どんな職業をしていても、どんな暮らしをしていても、必ず必要になる知識と技能だと思う。まとまった勉強の時間がとれるのはいましかないと考えたので」と答えた。

今日も、短い時間にたくさんのものをいただいた気がする。
贅沢な時間を過ごしている、と感じる日々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2005

デイサービスの実習。

ホームヘルパー研修、現場実習の第1回。
デイサービス施設に1日お世話になる。朝8時30分のミーティングのあと、バンに分乗して市内各地域へお迎えに出かける。家族に見送られる方、ひとりで出てこられる方、「今日は行かない」とUターンしていかれる方……。

10時過ぎに今日のメンバーが施設に勢揃い。
塗り絵をしたり歌を歌ったりして過ごすのを、「実習生」として紹介された僕も、あちこち動きまわりながらお手伝いしたり、お話をうかがったり。その後、みなさんは入浴。今日はたまたま男性の利用者さんがいないということで、僕は湯上がり後の整髪だけ担当。

12時頃、昼食。
しかし介助の手伝いはさせてもらえず(というか、ご配慮で)僕も通常の時間に昼の休憩。事務所でスタッフの方のお話をうかがいながら弁当。

午後はみんなでレクリエーション。
トランプの7並べ、犬ぼうかるた……。僕も「魚を料理して食べることが好き」と自己紹介した流れで、たくさんの魚の絵を描かされる。

3時前から近くの公園に散策。
駐車場でおやつを食べてから、緑濃い散歩道を歩く。

そのままご自宅へお送りし、5時頃に帰着。
記録をとって終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

3日間の週末。

金、土、日と、研修から離れた週末。
今週から研修を月~木の4日連続としたため、この3日間は基本的に家で過ごすことになった。

金曜日は午前中、隣市の市民病院でX線検診を受ける。
受講中のヘルパー2級講座のスクーリングが5月末で終了し、6月から始まる現場実習に健康診断結果が必要となるためだ。検査料3,320円。その足で今度は逆の隣市に最近できたホームセンターに行き、夏の畑仕事に必要なものを探す。

網状になっているベストは780円で購入。
しかし、その下に着る薄手の長袖シャツがない。先週あたりから梅雨に備えての洗い替えとして探しているのだが、どの店もいつの間にか夏向け商品になっていて、長袖はもはや「最終処分セール」の段階。つまり、「M」サイズなど、もうないのだ。無印良品でやっと見つけたものは「作業着」にするにはかなり贅沢な値段だったが、どこかで適当なものが見つかるまでの保険として購入。痛い出費である。

土曜日はヘルパー2級講座の第7回。
この日の実習は入浴の介助とベッド上での寝たきりの場合の洗髪の介助。実際にベッドに横たわり、制約のある環境のなかでシャンプーで髪を洗ってもらい、また、交替して今度は洗う立場も体験する。他の教室からの振り替え受講生を含めて6人。この日も少人数クラスのよさをしみじみと感じた6時間。

日曜日はとくに予定がなく、朝食前にヘルパー講座のレポート作成。
これまでの7回分の実習内容を項目別に自己評価を含めてまとめるという重い課題なので、パソコンでじっくり書きたいところだが、いかんせん時間がないので、万年筆でぶっつけ本番の執筆。しかし、このほうが脳ミソもフル回転し、結果的には要点をかっちりとおさえた仕上がりになったように思われる(自画自賛……)。

午前中、ふたりの子どもを連れて近所の海岸へ。
日曜日は妻が勤務ということもあり、日頃の父子のふれあい不足を補う格好の一日だ。ちょうど大潮で、お気に入りの磯が、いい具合に観察プールになっている。かに、やどかり、うみうし、うに。海の小動物と遊んでいるそばで、ひとりのご婦人がタコをつかまえたらしく、熊手の柄でポコポコとたたいて気絶させている。この辺りでも獲れるとは聞いていたが、現場を見たのは初めてだ。

帰宅し、ランチの準備。
研修先でいただいた春キャベツのスパゲティ。アンチョビがあればいいが、代わり(?)に、仕上げに鶏卵を1つ割入れ、余熱で和えると、色合いも美しくできあがり。約400gのパスタと小豆入りおにぎり1個ずつを3人で完食。

午後は子どもどうしで遊ばせておき、諸々の家事と夕食の準備。
研修先で頂いた野菜と自分で耕している小さな畑の収穫物を盛り込んで料理する。地のイサキと、カブ、大根、玉葱、人参間引き菜、ズッキーニをオリーブ・オイルでソテーしたもの。アシタバと椎茸のスープ。サニーレタスの胡麻和え。

3日間、研修中と同じく4時30起床。いいリズムになってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

歯の健康、食の健康。

ホームヘルパー2級養成講座も終盤の第6回。
今日の実習はまず食事の介助。各自が弁当を持参し、「寝たきり」の状態を想定して介助する側と介助される側を体験する。完全な仰向け、横向き、30度ほど上半身を起こした状態など、いろいろな姿勢を試み、介助の工夫と介助される側の不便さを体で学ぶ。さらに、アイマスクをして視覚障害者の食事と介助の体験、利き手でないほうの手で食べる体験をして、そのまま昼食へ。

多くの受講生がいわゆるコンビニ弁当。
みな忙しいなか、朝からの講座なのでやむを得ないのだと思うけれど、僕は毎回、手作り弁当だ。今日は、7分搗きのご飯に梅干し、おかずは鯖と間引いたカブと人参のソテー。アンチョビ缶詰のオイルが少し残っていたのを使う。それに間引きカブの葉のおひたしを添えた。野菜はもちろん研修先で頂いたもの。

午後からは歯磨きの介助。
ベッドに寝た相方の歯を、1本ずつ丁寧に磨く。仰向けの状態で水をストローで口にふくませ、また吐き出してもらうのは難しい。それでも、歯の健康は食の基本、食は健康の基本ということを考えると、手間はかかっても、ないがしろにできない。

夜遅く、予報通りの「一時、雨」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 30, 2005

ヘルパー2級講座。(2)

毎週土曜に通っているヘルパー2級講座も5回目。
これまでにベッドメイク、車椅子や杖歩行の介助、衣服の交換や入浴の介助などを学んできたが、今回の実習は午前がレクリエーション、午後が排便の介助とおむつ交換。

レクリエーションでは、生徒一人一人がリーダーになり、1つずつ遊びを考え、進行をする。
僕は思いつきで、教室備品のタオル2本(白と茶色)を使い、「いま食べたいものを順番で作り、ほかのみんなはそれが何かを当てる」というのをやってみた。初めに自分で見本として「焼き鳥」を作る。続いてみんなが作ったのは、のり巻きおむすび、ロールケーキ、巨大ステーキ、焼き魚、ソフトクリーム、バナナだった。お年寄りたちなら、何を作るだろう。

排便の介助とおむつ交換はベッドの上で互いにやってみる。
寝たきりという設定で、衣服は着たまま模擬的に便器を当てたりおむつをしたり。ここの教室の特徴はヘルパーとしての技術の体験とともに、介助を受ける側としての体験にも焦点を当てること。今回も事前に、介護用のおむつを家で自分自身が付け、実際に排尿・排便してみるという宿題が出されていた。相手の立場を考えた介助につなげるということと、自分自身の現実的な問題として「介助を受ける」ということについて考えさせるねらいがあるようだ。

4月も今日で終わり。明日も好天が続きそう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Apr 16, 2005

ヘルパー2級講座。

4~5月は毎週土曜日、ホームヘルパー2級講座に通っている。
いわゆる「資格」ではないが、修了すれば訪問介護のホームヘルパーの仕事に就きやすいといわれるもの。僕の場合は職業ということではなく、サラリーマン時代から福祉に関する勉強を何かひとまとまりしておきたいと思っていたので、自由な時間がとれるようになったこの機会に、早速受講を決めた。

朝10時~17時までで、全12回。
そのあとに現場での実習が5日。それらの前提として自宅学習のレポート提出がある。受講料は約10万円だが、僕の場合は厚生労働省の教育訓練給付制度の「40%給付」が適用になり、約4万円が戻ってくる。

今日の午前中は戸外での実習だった。
車椅子の介助、杖歩行の介助、視覚障害者の介助。教室から近くの公園まで、交代しながら、車椅子を押したりアイマスクをして誘導してもらったり。

午後はベッドでの起居動作や車椅子に乗り移る介助など。
ちょうど一昨日に足首をひねって右足が不自由だったので、杖歩行や車椅子への乗り移りなどで、介助の技術を「なるほど」と体感できた。
人間万事塞翁が馬、というにはおおげさだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)